メニュー ホーム

知っておきたい!賃貸の騒音トラブルを防ぐポイント

マンションなどの遮音性に優れた物件を探す

賃貸物件の騒音トラブルを防ぐ第1のポイントは、「遮音性に優れている物件」を選ぶということです。基本的には、アパートのような木造(または軽鉄骨)の物件より、鉄筋コンクリート造(RC)の構造を備えたマンションのほうが、音の響きが少ないと言われています。なので隣の部屋などの音が気になる場合や、騒音に悩んでいるという場合は、アパートより、マンションなどの「鉄筋コンクリート造の構造を持つ物件」を探したほうが良いと言えるでしょう。

物件を取り巻く環境を調べてみる

騒音は、物件を取り巻く環境などにも左右されるものです。例えば、隣に住んでいる人の生活スタイルが自分と合っている場合は騒音が気にならないということもあり得ますが、そうでない場合(極端に言えば昼夜が逆転している場合など)は、生活音が気になることもあるでしょう。なので出来るだけ、生活スタイルが同じような人が住んでいる物件を見つけるということも重要なポイントだと言えます。不動産業者などに、どのような層の人が住んでいるかを尋ねてみることのほかにも、物件を下見する際に自分の目で建物の雰囲気などを確かめてみるのもよいでしょう。

入居後の騒音対策について

入居後の騒音対策としては、フローリングの床に畳やカーペットなどを敷くこと(主に下の階へ配慮するための対策)などが挙げられます。そして隣室との間に収納スペースがある場合は、布団などの物が入っているほうが防音効果が高くなると言われています。ただしこれらの対策も、建物の構造そのものに問題がある場合はその効果にも限界があるということを知っておくべきでしょう。また物理的な対策だけではなく、日常的に隣人とのコミュニケーションを図ることで、不要なトラブルを未然に防ぐことも必要だと言えます。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、防犯セキュリティもしっかりしていれば、大きな地震にも耐えられるように設計されているので、安全に暮らすことができます。

カテゴリー:未分類

admin