メニュー ホーム

外壁塗装に失敗しないためにはどうすれば良い

外壁塗装を知っておく

外壁塗装で失敗しないためには、まずそれがどのようなもので、どういう必要性があるかを知っておかなければいけません。外壁塗装とは、住宅の外壁が劣化して失われてしまった防水性能を蘇らせるための塗装です。新築時には最大限の防水性能を発揮していた外壁ですが、年月の経過とともに防水性能が低下していきます。防水性能の低下により家は少しずつダメージを受け始めて、最終的には取り返しの付かない状態になってしまいます。

外壁塗装の施工方法は?

外壁の塗装の仕方には2種類あります。吹付けによる方法とローラーによる方法があり、それぞれに長所と短所があります。まず、吹付けの場合は、仕上がりの種類が多い、施工が早いなどの長所がありますが、吹き付ける時に塗料が飛散するため使用材料がローラーより多く必要となったり、凸凹が大きい場合には向かないなどの短所があります。また、ローラーによる塗装では凸凹にも対応可能、飛散しないため使用材料が少なくて済むなどの長所がありますが、施工に時間が掛かるなど短所もあります。

外壁塗装材の種類は?

外壁塗装に使う材料には種類があり耐久年数やコストも違います。一般的な耐久年数としては、短いものでアクリルが6~7年、ウレタンが8~10年、長いものではシリコンが12~15年、フッ素が15~20年と言われています。耐久年数が増えるに従ってコストも上がっていきます。また、高機能塗装として遮熱塗料や光触媒塗料があります。これらの中から自分の家に必要な条件を考慮して選定します。その時に考えておきたいのが、次回の塗替えを何年後に計画するかということです。

外壁塗装なら鎌ヶ谷の業者に限るわけは自分の会社の支店がその界隈にいくつもあり、排ガスの影響ですぐ外装がくすんでしまうのですが、何しろ連絡すると直ぐに対応してくれて仕上がりも美しいからです。

カテゴリー:未分類

admin